×

SHINING 3DのDS300スキャナーは、完全な無歯顎インプラント修復を可能にする

概要

深センのある歯科ラボは、SHINING 3DのDS300デンタルスキャナーとExocadソフトウェアを使用し、スペイン人技師Waldo Zarco Nostiの指導の下、デジタル歯科修復プロセスを用いて無歯顎のインプラント補綴の製作に成功した。

I. 歯科用スキャニングモード

準備段階では、歯科技工所の歯科技工士が6つのスキャンボディを使用し、それらをドライバーで石膏モデル内にあるアナログに固定した。 モデルの人工歯肉を取り外して、接続部品が正確に取り付けられるかどうかを確認する。

スキャンボディを使用してスキャンが実行された場合、スキャンボディが完全に配置されるように、人工歯肉を取り外す。

準備作業が終了した後、SHINING 3DのDS300スキャナーは自ら搭載した3DスキャンソフトウェアDentalScanに従って、上下の咬合モデル、顎モデル、人工歯肉を使用した作業モデル、スキャンボディを使用した作業モデルを連続的にスキャンした。上下の咬合モデルがスキャンされている場合、DS300に装備した特別な咬合固定具が使用された。咬合器のマークポイントを利用して模型の空間位置を特定し、その位置関係をCAD設計ソフトに転送することができる。

SHINING3DのスキャンソフトウェアDentalScanのプロンプトに従ってユーザーはスキャン操作を行う。

上顎と下顎の模型をスキャンする際、DS300に搭載されている咬合移動ツールで上顎と下顎の模型を固定し、その上にあるマークポイントをスキャン中の移動位置に使用する。

II.ソフトウェアモデリング

3Dスキャンデータが取得された後、プロテーゼはスペインの技術者Waldo ZarcoNostiによってExocadで設計された。技術者は設計ソフトウェア内にあるインプラントデータのプラットフォームサイズに対応するCADデータスキャンボディを選択し、そして最適なマッチングを実現するため、それらをスキャンデータのスキャンボディセクションに連続的に位置合わせた。上部構造が「パッシブフィット」を達成することができるかを決めるため、この位置合わせステップは非常に重要である。

exocadにある最適なフィッティング機能は、データベースにあるスキャンボディのCADデータを使用してスキャンされたデータに合わせることで、もっともよい結果を実現できる。

DS300スキャナーの特殊な咬合関係転写ツールを使用したため、上顎モデルと下顎モデル、または咬合器の位置関係は、設計ソフトウェア内で、バーチャル咬合器に完全に転写することができる。

DS300スキャナーの特殊な咬合器を使用したため、バーチャル咬合器AmannGirrbach®をexocad設計ソフトウェア内で直接に開くことができ、それからバーチャル咬合器内のデジタルモデルの位置は、物理的な咬合器Amann Girrbach®内の石膏モデルの位置と完全に一致している。 したがって、運動中にプロテーゼで現れる可能性のある交差をなくし、咬合運動がソフトウェア内で完全にシミュレートすることができる。

The occlusal movement is simulated by the virtual articulator in the software. intersections on the prosthesis can be displayed and eliminated directly prevent premature contact on the finished prosthesis.

Based on the complete anatomic form of the previous step, the model is cut back into the basal framework. Mesial-distal retention grooves are prepared using a carving tool.

processes, the basal bridge was designed using mesial-distal retention groove locations.

III. Production of prosthesis

After basal bridge design was completed, the metal bridge was milled using a five-axis milling machine. The bridge fitted very tightly on the model thanks to many factors, among which, however, the high-quality data acquired by DS300’s high-pixel camera were essential.

After processing, finish coating was completed using light-cured resin and aesthetic repair of red-white areas was accomplished to give very good results.

The processed metal support fits completely tightly on the model without tilting when tried on. Finish coating was completed using light-cured resin.

This figure shows another example of bar clasp finished using DS300, where all connection parts fit very tightly.

help

Get a quote
Please fill this form to receive a free quote within 24 hours (during working days).

submit...