×

AUTOSCAN-DS-MIXでスキャンニング、上部構造を備えたトロント橋を作製する

臨床例情報

歯の位置: 下顎無歯顎とインプラント#46、#44、#42、#32、#34、#36。
インプラントシステム:#32。#42 Nobe、#34.#36.#44.#46 Dentium
修復タイプ: トロントブリッジ
材料: チタン
上部構造タイプ: 34-44セラミッククラウン、35-36、45-46ソリデックスクラウン
カラー:#32-42 A2、#33-36、#43-46 A3
臨床例出典: Shenzhen Jiahong Dental Medical Co. LTD

ワークフロー

ステップ1.トロントビリッジを作製する

1.1スキャン–オーダを作製する

スキャンソフトウェアでオーダを作製する。 


1.1スキャン–AutoScan-DS-MIXでスキャンする

AutoScan-DS-MIX歯科用3Dスキャナーでモデルをスキャンする。 

#32と#34との角が大きいため、スキャンボディが互いに衝突する可能性がある。したがって、まず、#34のスキャンボディを取り付けてスキャンする。 次に、それを取り外して、#32のスキャンボディを取り付け、複数の追加スキャンですべてのデータを取得する。(写真を参照)

1.1スキャン–スキャン結果

特徴とされている2 * 5.0MP高解像度と≤7μm高精度を持つAutoScan-DS-MIXの優れたスキャンパフォーマンスは、信頼性の高いスキャン結果を保証することで、設計と製造効率が改良されていく。

1.2 exocad設計–exocadでのマッチング

カラーバーからマッチング誤差が0.02mm未満であることがわかる。

1.2exocad設計

exocadでトロントブリッジを設計する。

1.3ミリング

1.4トロントブリッジを完成する

優れたCAD設計とミリングと共に、理想的なスキャンの結果に基づいて、ブリッジはモデルと完璧に適合する。 写真は、1本のネジを組み立てた適合状況を示している。

1.5ブリッジの後処理

ステップ2.上部構造を作製する

2.1スキャン-上部構造のオーダを作製する

#34〜#44はPFMクラウンである

2.1トロントブリッジをスキャンする

AutoScan-DS-MIXでスキャンすることで、すべての細部が完璧に保存された。

2.2exocadでCAD設計

#34-#44 “の蓋を設計する

2.3上部構造の後処理

蓋の印刷と研削

セラミック建造と研削

ソリデックスを完成する

歯肉を完成する

この臨床例では、34-44はセラミッククラウン、35-36、45-46はソリデックスと歯肉であった。

3.完成

SHINING 3Dによって開発されたハイエンド歯科技工所の3DスキャナーAutoScan-DS-MIXは、微細化、高精度化、高効率化が特徴であり、オープンな設計とモジュラー構造で、ユーザーに納得していただくことができる。 クラウンとブリッジ、アバットメント、バーなどに限定されず、ユーザーのご要望にこたえていて、幅広く応用するのは可能である。

help

Get a quote
Please fill this form to receive a free quote within 24 hours (during working days).

submit...