×

AORALSCAN3の即時読み込みへの応用

口腔内スキャナーは、より精確な修復やラボとの効率的な関係を可能にし、現代の歯科診療には不可欠な要素である。

デジタル印象は、特にインプラント症例において、チェアサイドタイムと全体の通院回数を減らすことで患者の体験を改善する。従来の印象採得のような材料接触や複雑なワークフローを必要とせず、簡単にデジタル印象採得を行うことができる。この症例レポートは、即時インプラントおよび即時ロードの時に、歯、歯肉、スキャンボディをキャプチャするにSHINING3DのAoralscan3の利用について説明している。

この症例に、高齢の男性が上下顎に複数の固定式補綴物があり、左下6番にインプラント支持の修復物がある。歯科医は左下1番、 左下2番、右下1番、右下2番を抜き取り、その後すぐにインプラントを埋め込み、新しい修復物を作る計画であった。

歯左下1番、 左下2番、右下1番、右下2番を抜き取る

すぐにインプラントを歯の位置左下2番、右下2番に配置する。

手術後、Aoralscan 3(SHINING3Dの口腔内スキャナー)ですぐにスキャンできる

引き続きのモデル作製と修復のためにあるデジタル印象を取得する。

アンタゴニストとして上アーチをスキャンする

スキャンボディなしで下アーチをスキャンする。 チェアサイドの時間がより短くなり、印象材に触れることがない。それで患者さんの不安を取り除き、より快適な体験を提供することができる。「true color」機能により、患者は口腔内のすべてを視覚的に確認することができる。

スキャンボディを挿入し、スキャンボディで下アーチをスキャンする。機能「metal tooth scan」のおかげで、金属で作ったスキャンボディでも、特徴を正確に捉えることができる。

咬合をスキャンする。すると、完全な印象が得られるので、効率性、生産性、正確性が大幅に上げられる。次に、歯科医は、従来の印象トレーを物流で送る代わりに、デジタル印象を研究室に電子メールで送ることができる。

デジタル印象に基づき、修復物やモデルを設計し、そしてAccuFab-D1sでモデルを印刷し、アナログを配置して、それから印刷されたモデルに修復物を装着してみる。

最後に、患者の口腔内で修復物を装着してみて、そしてスクリューを締め、スクリューチャネルを充填材で塞ぐ。これが新しい修復結果である。

help

Get a quote
Please fill this form to receive a free quote within 24 hours (during working days).

submit...