×

インプラント修復のためのAORALSCAN3によるリアルタイムスキャン

従来のインプラント法では、シリコン印象の中にトランスファーバー/キャップを入れてインプラントの位置を決める印象移動法が用いられてきました。複数回の転写と模型製作を行うため、従来の印象法では、不正確さや精度の誤差が発生する可能性があります。

口腔内スキャニングシステムによる新しいデジタル印象採得は、その正確さが証明されているだけでなく、従来の方法よりも多くの臨床場面でスキャンデータを多用途に統合することができます。デジタル印象は、インプラント補綴の臨床において、利便性とともに多くのメリットをもたらし、補綴学の新しいトレンドとみなされています。

口腔内スキャナーは、3Dバーチャルモデルを素早く正確にキャッチし、ミスが起こりやすい転写工程、モデルの消毒、包装、郵送工程を省き、材料と時間を節約することができます。リアルタイムの視覚化、簡単な再現性、清潔な印象、手頃な材料使用、アーカイブ性など、数え上げればきりがないほどのメリットを提供します。 Shining3Dの口腔内スキャナーAoralscan 3でリアルタイムにスキャンされたインプラント修復のステップバイステップガイドをご紹介します。

スキャン前にヒーリングアバットメントを取り外し、上顎歯列弓のスキャンを開始します。これで歯肉エマージェンスプロファイルのスキャンは完了です。

スキャンボディの後続スキャンのための穴を掘る

スキャンボディを挿入し、患者の口の中で直接スキャンを開始します。

反対側のアーチをスキャンする。

噛み合わせをスキャンします。上下顎が自動的にマッチングされます。

設計のためにスキャンしたデータをEXOCADに取り込み、その後、加工用に修復物のSTLをエクスポートします。

患者さんの口腔内で修復物を試み、インプラントセメントを完成させます。

help

Get a quote
Please fill this form to receive a free quote within 24 hours (during working days).

submit...